転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

「沈黙は金、雄弁は銀」の意味と使い方【営業マンは知っておきたい金言】

「沈黙は金、雄弁は銀」の意味と使い方

「沈黙は金、雄弁は銀」という言葉。「聞いたことはあるけど、意味は詳しく知らない」という方は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、「沈黙は金、雄弁は銀」の意味は、「雄弁は大事ではあるが、沈黙すべきときを心得ていることはもっと大事だということ」です。

日常シーンでもビジネスシーンでも心得ておいて方が良い言葉なので、大人の教養として、しっかり理解をして正しい意味で使えるようにしましょう。

「沈黙は金、雄弁は銀」の意味

沈黙は金、雄弁は銀

読み:ちんもくはきん、ゆうべんはぎん

意味:雄弁は大事ではあるが、沈黙すべきときを心得ていることはもっと大事だということ

「沈黙は金、雄弁は銀」の意味は、「雄弁は大事ではあるが、沈黙すべきときを心得ていることはもっと大事だということ」です。

雄弁とは簡単に言うと、うまく話すことです。

話し上手は悪いことではありませんが、人の言うことを聞かず、自分ばかり話しているとコミュニケーションは円滑に進みません。特に、営業マンは心得ておきたい言葉ですね。

話すべきところは自信を持って話し、じっと黙っておく瞬間も持つ。これがコミュニケーションにおいては大事です。それを言い当てたのが「沈黙は金、雄弁は銀」という言葉です。

知っ得情報:話し上手と思っている人ほど危険!?

話し上手は悪いことではありません。しかし、「自分ばかり話している」と思ったことはないでしょうか?

人の話しをひたすら聞くのは、想像以上に疲れることです。日常シーンやビジネスシーンを振り返り、「自分ばかり話している」と思った方は、「話す」と「聞く」のバランスを考えてみてはいかがでしょうか?

「聞く」の量を増やすことで、コミュニケーションが円滑に進み、良好な人間関係を築くことができるはずです。

この記事を書いている僕も、思い当たる節があります。日々反省ですね!

「沈黙は金、雄弁は銀」の語源

トーマス・カーライル

出典:Wikipedia

「沈黙は金、雄弁は銀」の語源は、イギリスの思想家である「トーマス・カーライル」の『衣装哲学』です。

『衣装哲学』の中で、「Speech is silver, silence is golden.」という言葉があり、そこから「沈黙は金、雄弁は銀」という言葉が生まれました。

「沈黙は金、雄弁は銀」は、日本で生まれた言葉だと思っている方もいるので、覚えておきましょう。

知っ得情報:衣装哲学とは!?

トーマス・カーライルの『衣装哲学』は、1836年に出版された自伝です。 『Fraser’s Magazine』という当時の雑誌で連載として初めて出版されました。(原題名は、「仕立て直された仕立て屋」の意味)

「沈黙は金、雄弁は銀」の例文と使い方

例文1.営業マンは「沈黙は金、雄弁は銀」を心得た方が良い

例文2.「沈黙は金、雄弁は銀」という言葉は自己啓発書によく書いてある

例文3.話したがりの友人に「沈黙は金、雄弁は銀」と助言をした

例文4.営業向けのセミナーでは、よく「沈黙は金、雄弁は銀」について話される

例文5.アポの前には「沈黙は金、雄弁は銀」を自分に対して言い聞かせている

「沈黙は金、雄弁は銀」は、

  • 自分を顧みるとき
  • 相手に助言をするとき
  • 話したがりの第三者を表現するとき

などに使われます。

日常的によく使われる言葉ではありませんが、自分を顧みるときに思い出したい言葉ですね。

「沈黙は金、雄弁は銀」の使い方の注意点

ポイント

「沈黙は金、雄弁は銀」の使い方の注意点は、一つだけです。

「沈黙は銀、雄弁は金」のように逆の意味として使わないことです。このように間違った言い方をしている人をたまに見かけますが、意味が変わってしまうので注意しましょう。

知っ得情報:当時は間違った解釈がされていた!?

トーマス・カーライルの「Speech is silver, silence is golden.」という言葉が「沈黙は金、雄弁は銀」 の語源ですが、この言葉が言われていた時代は、金よりも銀の価値が高かったため、「雄弁は金、沈黙は銀」という解釈もされていたそうです。

つまり、「雄弁の方が良い!」と間違った解釈をされていたということです。

営業マンは「沈黙は金、雄弁は銀」を意識したほうが良い

ビジネスマンの交渉

営業マンは、話し上手であるべきです。

しかし、話し上手=話したがりとは違います。本当に話し上手な人は、相手の話をしっかりと聞き、話すべきタイミングで話し始めます。

営業先で「契約するかしないか」クライアントが悩んでいる最中に、「商品・サービスの良さをさらに話す」のか、それとも「自分は黙ってクライアントに考えさせる」のか、状況にもよりますが、好ましいのは後者の場合が多いです。

営業のテクニックとして有名な「イエス誘導法」も、相手に考えさせる時間を大切にしています。営業がうまくいかないという方は、「沈黙は金、雄弁は銀」を意識してみてください。

「沈黙は金、雄弁は銀」の類義語

社会人の常識用語

「沈黙は金、雄弁は銀」の類義語として覚えておきたいのが

  • 言わぬが花
  • 口は災いの元

です。

どちらも「余計なことは言わない方が良い」と覚えておきましょう。

言わぬが花

言わぬが花の意味は、大きく3つあります。

  1. 言わない方が得をすることもある
  2. 言い過ぎると、中身がわかり興ざめする
  3. 言わない方が趣があり、粋である

例文1.同僚の秘密を知っているが、言わぬが花だと思う

例文2.ドラマのラストを教えたいが、言わぬが花だよ

例文3.職場で○○さんと○○さんが付き合っていることを知ったけど、言わぬが花だろう

例文4.結末を予想するのは簡単なことだけど、言わぬが花です

例文5.飲み会の席で会社の愚痴が多かったけど、言わぬが花とはこのことだよ

口は災いの元

口は災いの元の意味は、「不用意な発言は自分自身に災いを招く結果になるから、言葉は十分に慎むべき」です。

例文1.そんなに言いふらしたらだめだよ。口は災いの元だよ。

例文2.口は災いの元と言うけど、ポッと出た言葉で彼女を傷つけてしまった

例文3.口は災いの元だから、人の悪口は言わないほうが良い

例文4.飲み会の席で言った悪口が本人に伝わってしまった。まさに口は災いの元だよ。

例文5.その場で思ったことを口にしたら先方を怒らせてしまった。口は災いの元とはこのことだ。

まとめ

「沈黙は金、雄弁は銀」の意味は、「雄弁は大事ではあるが、沈黙すべきときを心得ていることはもっと大事だということ」です。

意味を知らなかった人も知っていた人も、金言として覚えておきましょう。

■「沈黙は金、雄弁は銀」の意味

→雄弁は大事ではあるが、沈黙すべきときを心得ていることはもっと大事だということ

■「沈黙は金、雄弁は銀」の語源

→イギリスの思想家である「トーマス・カーライル」の『衣装哲学』

■「沈黙は金、雄弁は銀」の例文と使い方

・営業マンは「沈黙は金、雄弁は銀」を心得た方が良い

・「沈黙は金、雄弁は銀」という言葉は自己啓発書によく書いてある

・話したがりの友人に「沈黙は金、雄弁は銀」と助言をした など

■「沈黙は金、雄弁は銀」の使い方の注意点

「沈黙は銀、雄弁は金」のように逆の意味として使わない

■営業マンは「沈黙は金、雄弁は銀」を意識したほうが良い

話し上手=話したがりとは違います。本当に話し上手な人は、相手の話をしっかりと聞き、話すべきタイミングで話し始めます。

■「沈黙は金、雄弁は銀」の類義語

・言わぬが花

・口は災いの元

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。