ワークアズライフとは?【ワークライフバランスとの違い】


今話題の筑波大学学長補佐・助教授である落合陽一氏。その彼が提唱している新しい考え方が「ワークアズライフ」です。ワークライフバランスという言葉には馴染みがありますが、ワークアズライフとは一体どういう意味なのでしょうか?今回はワークアズライフについてわかりやすく解説します。

そもそもワークライフバランスとは?

今では、当たり前に使われているワークライフバランスという言葉。そもそも、ワークライフバランスとはどういう意味なのでしょうか?

ワークライフバランスとは、仕事と生活の調和と訳され、「仕事だけでなくプライベートの充実、そしてライフステージに応じて多様な生き方を選択し、実現するという考え方」です。仕事だけ充実している、またはプライベートだけ充実している状態ではなく、どちらも充実することで、より良い人生を生きていけるという意味として使われます。

ワークライフバランスとは「仕事だけでなくプライベートの充実、そしてライフステージに応じて多様な生き方を選択し、実現するという考え方」

一方で、仕事とプライベートの調和という考え方が現代に合わないと警鐘を鳴らしている方がいます。それが、落合陽一氏です。落合氏は、現代には「ワークアズライフ」という考え方の方がフィットしていると提唱しています。

ワークアズライフの意味

ワークアズライフとは、落合陽一氏が提唱する「仕事とプライベートを分けることなく、寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味であるという考え方」です。

ワークアズライフとは「仕事とプライベートを分けることなく、寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味であるという考え方」

今までは、ワークライフバランス、つまり「仕事と生活の調和」という考え方が主流でした。しかし、多様な働き方が生まれている現在では、ワークライフバランスよりもワークアズライフの考え方の方が、現代にフィットしているのかもしれません。

副業が当たり前になり、Youtuberやアフィリエイターのような会社に属さずに、好きなことを仕事にされている方にとっては、仕事と生活を分けることは現実的に難しく、ワークアズライフの考え方が合っているのかもしれません。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事