仕事や職場で嫉妬しないための方法5選【ビジネスパーソンに必須のスキル】


「なぜアイツが…」「どうしてあの子が…」――職場で同僚や後輩に対して嫉妬心を抱いてしまったことはありませんか?

こうした嫉妬心は、あなたが仕事で最大限に力を出すことを阻害しているかもしれません。例えば、嫉妬心を抱いた同僚や後輩を見るたびにイライラしてしまったり、自分に自信が持てなくなってしまう――他者への嫉妬は、自分の仕事に対するモチベーションを下げてしまう原因になってしまうのです。

自分の仕事の成果や評価を上げることができるのは、”あなた”です。今回は仕事で最大限の力を発揮するために知っておきたい、他者に嫉妬しない方法をご紹介します。

職場や仕事で嫉妬心を抱いてしまう原因とは

嫉妬とは、自分と他者を比較することで引き起こされる感情です。自分の仕事に対する成果や評価を、他者の成果や評価と比較してそれぞれに優劣をつけるのです。

自分に対する低い評価を自分で認めたくない。そのために他者と比較することで、自分の低い評価を認めないでいい口実を作っています。もしくは自分で振り返るべき判断基準がないために、優劣をつけることでしか評価を受け止めることできない可能性もあります。

職場や仕事で嫉妬しない、5つの方法

比較対象を他者から自分自身にする

仕事における嫉妬心は、自分の仕事への評価と他者のそれとの比較から発生します。自分の仕事への評価を、自分から表面的に見ている他者の評価と比較し、勝手に優劣をつけているのです。

しかし、他者に嫉妬しても、あなたが相手のことを変えることはできない。他者と比較して、嫉妬心を抱くこと自体が無意味な行為です。あなたが変えることができるのは、あなた自身です。

そこでおすすめしたいのが、比較対象を他者から自分自身に変更することです。まずは今の自分と過去の自分を比較して、自分の目標達成状況や目標について振り返りましょう。仕事において目標を定めていなかった人は、ぜひ立ててみてください。

知っておきたい「仕事のモチベーション」を上げる5つの方法

②他人に依存せず、自分に集中する

職場や仕事での嫉妬心は、他者に執着つまり依存することでも引き起こされます。自分の仕事に対する成果や評価を自分で受け止めず、比較対象である他者と比べることでしか消化できないのです。

つまり、自分に集中する代わりに、他者に集中してしまっているのです。①と同様、自分の中に明確な自分なりの評価基準をもっていないために起こってしまっています。

例えば、昨年はプレゼンテーション資料を作成するのに3時間以上かかっていたのに、今は1時間で作成できるようになったといった簡単な分析でもいいのです。『自分には何ができるようになって、何ができていないのか』を分析し、自分なりの評価基準を持っていれば、自分にしっかり集中できるはずです。

③自分の長所を見つけ自信をつける

『適材適所』という言葉があるように、人間はそれぞれ得手不得手があります。あなたからは他人の長所やいいところしか見えていませんが、その人にも必ず短所があります。

相手は自分の長所を利用して成果を上げたかもしれませんし、運がよかっただけなのかもしれません。つまり、自分以外の他人のことは、自分にはわからないのです。

他者に集中してしまい、なかなか自分の長所を見つけられない場合は誰かに相談してみましょう。おすすめの相談相手は、嫉妬している相手以外の先輩や他の同僚など、普段あなたと仕事を一緒にしている人がいいでしょう。第3者から客観的に自分の長所について聞いてみると、自分では気づけていない長所を教えてもらえる可能性があります。

④嫉妬を逆手にとり、相手を目標として据える

仕事で嫉妬心を抱いてしまう人は、相手と自分を比較した結果、相手よりも自分の方が「能力が低い」と考えています。他者と自分自身に優劣をつけているのです。

一度つけてしまった「評価」をポジティブに変換することは難しいもの。実際、第三者の評価や数値で表される成果は、比較対象の相手より劣ってしまっている場合も多いのでしょう。

そこで、一度芽生えた嫉妬心を、自分が仕事で成長するためのエネルギーに変えてしまうのです。嫉妬心を抱いている相手を、自分の仕事の目標にしてしまいましょう。嫉妬をしているということは相手に集中している状態と言えるので、相手の仕事の姿勢や考え方まで観察してみるのもいいと思います。そこで自分に足りないところや逆に自分はできていることを発見できるかもしれません。

『嫉妬』というネガティブな感情を抱いている相手を、目標に据えることで強制的にポジティブに変換できます。ネガティブな感情を払拭し、ポジティブな感情へとスイッチングする練習にもなり、ポジティブな「目標」を達成できれば、自分の評価アップや自信につながる可能性もあります。

⑤仕事以外のことに集中する

実際、一度抱いてしまった『嫉妬心』というネガティブな感情を仕事の中で払拭していくことは難しいです。

そこで嫉妬心の原因は仕事そのものとし、仕事に向けているエネルギーを軽減させてみましょう。つまり、仕事以外に集中できることを探してみるのです。

一番のおすすめは、趣味を見つけることです。仕事ができる人ほど多趣味な人が多いと言われています。仕事だけという1つの事象に集中しすぎることは、必ずしも良い結果を生むとは限らないです。気分転換や仕事では得られない気づきや自分の長所を見つけることができるかもしれません。

おわりに

仕事上で嫉妬心を抱えてしまうと、他者との比較ばかりしてしまい、”あなた自身”が見えなくなってしまいます。そうなってしまうと、仕事で思うように成果が出せなくなって、仕事に対するモチベーションが下がってしまう、あなたにとってマイナスの問題が生じます。仕事における“嫉妬”は、あなたが最大限の力を発揮することを阻害してしまう感情なのです。

先述した通り、自分の仕事の成果や評価を上げることができるのは、”あなた自身”なのです。仕事で最大限の結果を出すためにも仕事上で嫉妬心を抱いてしまったら、今回ご紹介した方法を1つ試してみてくださいね。


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。